読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

molecaster

スクフェス、ガジェット、パソコン、音楽、ノート。興味のあること全部書くブログ

速報!GALAXY S6とGALAXY S6 Edgeの価格が大変なことになってしまった

ガジェット スマホ

非常に恐ろしいことに正式に発表された、GALAXY S6とEdgeはすごい価格でございまして、こんなものにそこまで金を出すでしょうか。こんなものってすごい失礼っていうかすごいディスってますけど、他にもスマートフォンはたくさんあるって考えると…ねえ?

GALAXYシリーズの歴代のデザインを踏襲したS6

まあ踏襲したというか、ほぼ同じデザインなのでいかんともしがたいのですが、「これがないと始まらない!」と思っている人もいるだろうホームボタン。ちゃんと今回もあります。ただ、Edgeの方はディスプレイの両端が湾曲しておりまして、多分こっちのほうが持ちやすいだろうなと思います。

しかしまあ、EdgeじゃないほうのiPhone臭は今回もすごいです。それに加えて今回は背面がガラスになっているみたいですね。いやー、カバーとかケースとかなしで使いたい人多いと思うんだけど、これはガードしないと危ないですね。

性能を重視したスペック?

正直性能を意識した感じもあまりないですね。ただただiPhone6より良いやつにしたい感があります。特筆すべきはバッテリーとカメラでしょうか。この二点に関しては数値でちゃんとiPhone6を上回っています。ただ、バッテリーは取り外しの出来ないものになってしまったり、microSDが使えないなど、「じゃあiPhoneでいいんじゃね?」と思うような感じもあります。Android OSを選択する理由がないという意見まで出てしまった今回のGALAXY S6です。

すごいのはやっぱりお値段です

GALAXY S6は最高スペックにすると120.000円もします。さらにGALAXY S6 Edgeのほうがほしいと思わせるスタイルですが、価格は140,000円ということになってしまいます。スマホって高いよね。ただ高いにもほどがあるよなぁと思いました。

スペック表とHands-on 動画

Galaxy S6

  • OS:Android 5.0 Lollipop
  • ディスプレイ:5.1インチ型Quad HD(2560×1440ピクセル、577ppi)Super AMOLEDディスプレイ
  • CPU:8コアプロセッサー(2.1GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア
  • RAM:3GB
  • ストレージ:32GB/64GB/128GB
  • カメラ(外向き):1,600万画素(f値1.9)
  • カメラ(内向き):500万画素
  • 電池容量:2,550mAh
  • サイズ:143.4 x 70.5 x 6.8mm
  • 重さ:138g
  • 価格:32GB:699ユーロ(約94,000円) / 64GB:799ユーロ(約107,000円) / 899ユーロ(約120,000円)


Samsung Galaxy S6 Hands-On! - YouTube

Galaxy Edge S6

  • ディスプレイ:5.1インチ型Quad HD(2560×1440ピクセル、577ppi)Super AMOLED デュアルエッジディスプレイ
  • CPU:8コアプロセッサー(2.1GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア
  • RAM:3GB
  • ストレージ:32GB/64GB/128GB
  • カメラ(外向き):1,600万画素(f値1.9)
  • カメラ(内向き):500万画素
  • 電池容量:2,600mAh
  • サイズ:142.1 x 70.1 x 7.0mm
  • 重さ:132g
  • 価格:32GB:849ユーロ(約114,000円) / 64GB:949ユーロ(約127,000円) / 1,049ユーロ(約140,000円)


Samsung Galaxy S6 Edge Hands-On! - YouTube

Android搭載スマートフォンがほしいと思っていたときに発表されたから食いついたけど、思っていたものとは全く違った

悲しいけど、この一言に尽きます。俺はAndroidでいろんなことがしたかった。今回の発表されるモデルは期待していて、スペックも高いし、ハードウェアボタンも使い慣れているし、画面もそれなりの大きさだし、とか期待に胸と股間を膨らませていたのですが、本当に微妙な気持ちです。俺がたくさんお金持っている富豪なら購入して「じゃあ開封しまーす」とか言ってYoutubeにゴミみたいな動画をアップロードしていたところだが、残念ながら僕ちんはこれからもGALAXY S3を使い続けることにします。残念。