読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

molecaster

スクフェス、ガジェット、パソコン、音楽、ノート。興味のあること全部書くブログ

新しいパソコンを買いました

どうも。毎日更新するとか言っていた気がするのですが毎日更新するほど俺は暇じゃない。というのは強がりです。本当は毎日更新するほど色々なことが起きる日常を暮らしていないし、色々なことにアンテナを張り巡らせているという感じではないし、要するにネタがないということです。

しかし、そんなネタのない日常に大変なことが起きた。新しいパソコンを購入だ。

ちょっと前からWindowsPCが欲しくなっていた

そもそも俺はMacユーザーになってまだ日が浅い。2年くらいしかまだMacユーザーではない。むしろこれくらい浅いとMacユーザーを名乗るのも咎められる可能性があります。それくらいMacって敷居が高いと思ってしまうのです。多分俺の世代はみんなそうだと思うけど。

しかしながら、Windowsを使い始めてからは10年は余裕で経っており、たまに「ああ、WindowsならこうやってたけどMacではどうするのだろうか」なんて思うようなこともあったりします。まあ基本的にはMacのほうがわかりやすいインターフェイスだと思います。

Macに出来てWindowsに出来ないこと、その逆もほとんど今はないでしょ?

昔はグラフィックとかムービーとか結局Macのほうが使い勝手がよかったり、そういうニーズに応えるのがMacってイメージでしたが、どうも今は違う。CPUも今はどちらもインテル製ですし、Retinaディスプレイも別途用意することが出来ます。違うのはもはやOSだけですが、Adobe製品はどちらかというと今もMacのほうが使いやすそうに俺には映りますが、ほとんど今は垣根がなくなったように思えます。

俺の買ったPCはジャンク品

俺がこの度購入踏み切ったPCはジャンク品でOSの入っていないものです。しかし、OSは頑張って自分で用意しようと最初から心に決めていたのです。HDDが300GBもあるとのことだったので、それなら音楽再生専用のマシンとしても後日活躍するだろうと思い、今回の購入と相成りました。

音楽ファイルだけで半分くらい使う羽目になるのは最初からわかっている。そしてCPUはインテルCore2Duoという結構前のものになってしまいますが、これで十分。後はハードウェア面でどうなることか、それが心配でした。

もしもドライブが動作しなかったり、キーやトラックパッドの反応がおかしいとかなら、まあなんとかなるでしょうが端子類、USBが一切認識されなかったりするとピンチだなとは思っていましたが、それも杞憂で済みました。完動品でございました。

早速Windowsをインストールしてみました

Windows7なら入りそうな雰囲気だったので、別のPCを使って、インストールディスクを制作。Windows7の評価版がまだダウンロード出来たのでまずはそれで試してみることにしました。

その辺の細かいことはまた機会があれば記事にしようかと思っていますが、今回はそれよりも俺の頑張りを伝えたい。

なんかよくわからないBIOS画面、しかしやるしかない

BIOSとかDOSとか字面だけは見たことがありましたが、俺は全く詳しくない。もう少し機械に明るい人生だったら良かったなあとこういうときに後悔するわけです。

昔から図工が苦手だったおかげで半田付けも嫌いになりましたし、メカニック的なことは未だに苦手意識があります。まあそんなことを憂いてもしょうがない。やるしかない。

BIOSの画面で最初にアクセスする場所をCDドライブに設定して、インストール出来るかどうか、なんだか画面が変わって始まってきました。

結局Windows7の32bit版をインストールすることが出来ました

なんかよくわかりませんが出来たようで、お馴染みの画面が目に飛び込んで参りました。初めてのジャンクPCが俺の手によって蘇ったのですから、こんなにうれしいことはない。ガンダム世代はではありませんが、思わずそんな言葉がついて出ました。

今はそのPCでブログの記事を書いているわけですが、このPCはとにかくキーボードが打ち辛いことが判明しました。ミスタッチが半端ありません。これは困ったなあということでノートPCに別のフルキーボードを接続して今は使用していますが、まあこれはしょうがないでしょう。今後もう少し考えようかなと思っています。

とりあえずは今もちゃんと動作してくれていますし、買い物が失敗に終わらなくて良かったなあと胸を撫で下ろしているところです。面白みも何もない記事ですが、まあこんなもんすよね。