読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

molecaster

スクフェス、ガジェット、パソコン、音楽、ノート。興味のあること全部書くブログ

iPhone7は良いところと悪いところが混在している。

かつての日本の携帯電話はガラパゴスと呼ばれ、ガラケーという略称でお馴染みです。しかし、アップルが新しく作り出したのはおサイフケータイ。もはやよくわかりません。

そもそも、アップルは当時、iPhoneを発表した際に「アップルは携帯電話を再定義する」と言っていたのですが、先祖返りのような真似をしている。そこが結構納得がいかないというか。目玉みたいに取り上げてしまって良いのだろうか。本来ならもっとすごい機能だとか、もっとすごいサービスを持ってきてほしいと思うのは俺だけなのだろうか。

もちろん良いところもたくさんあると思う。CPUが強化されているとか、バッテリーの持ちが良くなったとか。ただし、バッテリーに関しては微妙なんですけどね。アップルの公式サイトでも見れる通り、連続通話時間は減ったけど、WEB閲覧時間は伸びたという不思議な感じ。

ところで俺は

iPhone7を欲しいと思った記憶があります。防水、防塵、この2点は相当に嬉しい。しかしながら、イヤホンジャックがなくなってしまったことで所謂音ゲー、特に俺はスクフェスをやりますから、どうしてもイヤホンでゲームをプレイするとなると「変換アダプタ」をLightningコネクタに差込み、そこにイヤホンを差すという「あっ、これ昔のケータイじゃん!」みたいな二度手間があります。これには閉口せざるを得ないというか。なんでこういうことになるんだろうか。

iPhoneiPodではないのか

アップルが良くなってきたのは携帯音楽プレイヤーであるところのiPodからでしょう。大容量のストレージには自分の好きな音楽を高音質でたくさん入れておける。いつだって聴ける。こんな夢のある製品はアップルのおかげでどんどん出てきた。

iPhoneもそれの延長にあって、こんな簡単に使える、WEBも見れる、楽しい! 今回のiPhone7に関しては終焉と評されるも仕方のないことなのかも知れない。最小限の装備、どうして変換アダプタを使わなければいけないのか。iPadProに関しても誰もがペンシルを使うことに疑問を抱いたはず。ペン使うならSurface使うわ! ていうかもうiOSが入ってるタブレット使いたくないわ! ってなってるでしょう。早くMacOSXタブレットにも導入すべき。本当のユーザーのことを考えると、それは一番やるべきだと思うが、そうするとパソコンが売れなくなるだろうとアップルも思っているんだろうな。